SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
<< もう、こういうの無いなー | main | 今日はちょっと・・・ >>
こういうのもやってます
0

    お世話になっている建材屋さんが定期的に

    開催しているイベントがあって、よくこのブログにも

    アップしています。

     

    ちなみに一番最新は4月16日のブログ

    (意外な友達ができました)で紹介しました。

     

    その時にみえたお客さんから

    「無垢の板のテーブルが欲しい!」

    と要望があって、無垢の板を物色しました。

     

    お客さんが目を付けたのはこんな板。

     

     

    独特の形の板。

     

    これは桜の木です。

     

    ”テーブル”と言うと、普通は長方形の板を想像しがちですが

    こういう特殊な形のテーブルも面白いです。

     

    個人的にはこういうの好きです。

     

     

    この板はただ単に大木を切り出して

    乾燥させただけの状態。

     

    このままでは板の角がトギトギだし表面も粗いので

    工房に持っていって加工します。

     

    こんな工房

     

     

    いろいろな機械があって、辺りは木の香りで一杯です。

     

    木の香りって癒されます。

     

    で、加工された板がこれ。

     

     

    写真だと分かりにくいですが

    2つ上の写真と比べると表面がツルツルで

    角も丸みを帯びた加工がしてあります。

     

    こういう自然の木って乾燥する過程で亀裂が入る事があります。

     

    亀裂をそのままにしておくとだんだん広がる

    事があるので、そう言う時はこんなふうに加工します。

     

    (ちょっと分かりにくくてすみません)

     

    その形から「ちょうちょ」なんて呼んでいますが

    こうするとヒビが広がるのを防ぐ事ができます。

     

    これ、見た目的にもオシャレだと僕は思います。

    木の割れた所は特殊な樹脂で埋めてあります。

     

    共栄建設は建築会社で家具屋さんではないのですが、

    家を作る上ではインテリアも大切なので、

    こういう要望にもお答えしています。

     

    気になるお値段ですが、正にピンキリで

    10万円くらいから400万円くらいする物もあります。

    (木の種類や大きさで変わります)

     

    普通のテーブルと比べると割高感がありますが、

    無垢のテーブルって親子3代に渡って使えるので

    考え方によっては安いと思います。

     

    表面が汚れたり傷ついたりしても、

    カンナで表面を削れば新品になるので

    いつまでたっても同じ状態で使えます。

     

    我が家も1つ欲しい!

    と思ったあなた!

     

    良かったらどうですか?

     

    この建材屋さんには1万枚くらいこうした板が

    あるそうなので、一緒にあなたのベストな1枚を

    探してみませんか?

     

    全部見て回ってたら子供の代になってたりして・・・。

     

    | - | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kyouei.holy.jp/trackback/2077