SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
<< いろいろあって、やっと始まりました | main | OFF! >>
勘も大事なんだよ
0

    お馴染みのお客さんから連絡がありました。

     

    「漏水(ろうすい)してるみたいなの」

     

    ここで言う漏水と言うのは

    家の何処かの水道管から水が漏れている事。

     

    このお宅はかなり古い家です(推定60年くらい)

    そうなって来ると水道管は鉄の管を使っている

    と思われます。

    (今はプラスチック製)

     

    鉄管(てっかん)はその名の通り鉄で出来ています。

    その菅が地面に埋まっているので、長い年月の間に

    鉄が錆びて穴が開いて水漏れが起こる・・・

    古い家だとだいたいこのパターンが多いです。

     

    漏水個所を探す前に念の為、水道メーターを

    見て漏水してるかどうか?をチェックします。

     

    InkedCIMG0188_LI.jpg

     

    どうやって漏水を確認するかと言うと、

    水道メーターのパイロットと呼ばれるメーターを

    見ます。

     

    上の写真で銀色の円盤みたいなのが見えますが

    これがパイロット。

     

    水が出ていると、このパイロットが回転します。

    パイロットはかなり精密で、例えば水栓から

    糸くらいの細さで水を出しても回転します。

     

    家中の水を止めて見てみると

    パイロットが回っています。

    漏水確定!

     

    さーて、ここからが大変!

    漏水の修理で一番厄介なのが、

    何処から漏っているのか?を特定する事なんです。

     

    一番怪しいのは水栓の付近。

    水栓に耳を付けると、もしも水漏れが起こっていたら

    小さな音で「シャー」って音が聞こえます。

     

    家中の水栓をチェックしたのですが異常なし。

     

    そうなって来ると何処かの水道管から漏っている

    可能性が大なのですが、埋まっている水道管を

    全て掘り出すのは無理な話。

     

    ・・・いや、出来るのですが膨大な労力を要します。

     

    そこで水道屋さんは”当り”を付けます。

    ・・・つまり・・・簡単に言うと「勘」ね。

     

    「おいおい、勘かよー」

    って思うかもしれませんが、長年に渡って

    培って来た経験から導く勘は、最新の機械より

    正確な事があります。

     

    CIMG0185.JPG

    (うーん・・・ここかな?)

     

    家の周りをグルグル見渡して、水道屋さんは

    当りを付けました。

     

    でも、この日は漏水を探す為に来ただけだったので

    道具は持って来ていません。

     

    後日、当りを付けた所を掘ってみます。

     

    ”花咲か爺さん”に出て来たポチがいたら

    楽なんだけどなー。

    「ここ掘れワンワン!」

    と言われた所を掘ったら大判小判が・・・

     

    あ・・・

    大判小判じゃなくて漏水見つけないとダメか。

     

    | - | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kyouei.holy.jp/trackback/2232