SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
<< ちょっと日が短くなったみたい | main | 点検 >>
トコトン悩んで下さい
0

    今、家を建てようとしているお客さんと

    打ち合わせの真っ最中です。

     

    まずは図面を書くのですが、

    お客さんって素人です。

     

    紙に書いた図面を見て、それを理解するのって

    かなり難しい事なので、共栄建設では

    模型を作っています。

     

    こんな感じ。

     

    CIMG3946.JPG

     

    これは”スタディ模型”と呼ばれる模型です。

     

    スタディ模型と言うのは簡易的な模型の事を言います。

    建物がだいたいどんな感じなのか?が分かる程度。

     

    じゃあ簡易的じゃあない模型は?と言うと

    こんな感じ。

     

    yjimageD93VJE4G.jpg

     

    スタディ模型は僕が作るのですが

    (今回はパートの小野君が作ってくれました)

    本当の模型となるとプロに頼みます。

     

    模型を見せると、ほとんどのお客さんは

    感動?します。

     

    「わー!すごーい♪」

    こんな感じ。

     

    CIMG3947.JPG

    (夢膨らむ2人)

     

    模型があると建物の形がとても分かり易いので、

    イメージが湧きやすいです。

     

    模型を見ながら、仕様の打ち合わせを行います。

     

    仕様と言うのは、

    例えば外壁の素材やデザインはどうするか?

    床材はどのメーカーの何を使うか?

    キッチンは?お風呂は?

    こんな感じで、家の各所に何を使うのか?

    を決める事。

     

     

    「じゃあ外壁のデザインはどうしましょうか?」

    なんて話をすると、模型とデザインのサンプルを

    交互に見ながら夫婦で悩んでいました。

     

    このワクワクする瞬間が楽しいんです。

     

    仕様の打ち合わせは、共栄建設の場合、

    1日で終わる事はほとんどありません。

     

    何日も掛けて、じっくり、予算を考えながら、

    自分たちに会った物を考えて行きます。

     

    1度決めたらそう簡単には交換何て出来ないので、

    後悔の無い様に慎重に決めます。

     

    僕の場合、家の細かい所までお客さんと相談して

    決めるので、仕様決めが終わると机の上は

    資料やサンプルで一杯になります。

     

    CIMG4094.JPG

    (片づけるのが一苦労)

     

    終わると何だかグッタリします。

     

    CIMG4095.JPG

     

    仕様を決める時って、「素直に決まる!」

    なんて事は、これまでに1回も無くて、

    だいたいの場合

    「じゃあ床材はこれで!」

    なんて決まった後にクロスの仕様に入ると、

    「このクロスがいいんだけど、さっきの床材だと

    色が合わないなあ、やっぱり床の色を変える」

    なんて事になって、また床材を選び直し・・・。

     

    こんな事は当たり前に起こります。

     

    悩む人はフロアの色(だいたい10色)を決めるのに

    1時間悩んだ!なんて人もみえます。

     

    でもね、それでいいんです。

    散々悩んで決めた物は、仮に家を建てた後で

    「うーん・・・フロアの色、やっぱり薄いのに

    しとけば良かった・・・」

    なんて事を思ったとしても、

    「あの時皆で散々悩んで決めたんだから、

    ま、いっか!」

    てな事になります。

     

    失敗?しても後悔はしない!

    これが大事です。

     

    いい加減に決めてしまって、

    「しまったー!!」なんて思ったら、

    一生後悔するかも?しれませんからね。

     

    ”後悔の無い家づくり”

    これが一番大切な事です。

     

    その為だったら、僕はトコトンお付き合いします。

     

    頑張って「帰りたくなる家」作りましょう!

     

    ・・・僕はだんだん家に帰れなくなるな。

    | - | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kyouei.holy.jp/trackback/2461