SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
<< こりゃー骨が折れるぞ | main | 見かけと機能は一致しない? >>
”灯台下暗し”ってこの事
0

    ある日の事、会社で仕事をしていたら

    「すみませーん」と、作業服を着た方が

    入って来ました。

     

    その人は市の土木課の方でした。

     

    共栄建設の裏には用水路があるのですが、

    その用水路の点検をしに来ていたんです。

     

    「点検していたら、会社の裏の排水管が損傷していて

    管から漏れた水がすぐ横の土手の土を侵食しているので

    直して欲しい!」と言われました。

     

    「え!そうなの!」

    見てみると確かに排水管が割れていて

    排水が流出しています。

     

    CIMG4169.JPG

    (何でこうなったんだ?)

     

    全然気づかなかった・・・。

     

    お客さんの家の事はよく見ているくせに

    自分の事には無神経。

     

    灯台下暗しだな。

     

    「迷惑をお掛けして申し訳ない。

    早急に直します」

    ・・・とは言ったのですが、

    これを直すのは水道屋さん。

     

    今はお盆前の追い込みで大忙しなんです。

     

    ちょっと頼み辛いなあ。

     

    そこで仕方なく僕が直す事にしました。

    ・・・そういう僕も、お盆前の追い込みで

    忙しいのですが、これ以上迷惑を掛けられないので

    無理やり時間を作りました。

     

    直す方法は簡単な事で、損傷した排水管を取り外して

    新しい管をつなげれば良いだけ。

     

    なのですが、実は今まであった排水位置だと

    隣の敷地に出ていたんです。

     

    何でそんな事になっているのか?

    創立者の会長が亡き今となっては分かりませんが、

    大雑把な時代だったので

    「ま、適当にやっといてよ!」

    みたいな感じだったんじゃないかな?

     

    ついでに排水管の位置も直します。

     

    まずは傷んだ排水管を取り外します。

     

    CIMG4168.JPG

    (専用のノコギリで管を切って行きます)

     

    外したら今度は新しい管をつなげます。

     

    CIMG4173.JPG

     

    管と管との接続は専用の接着剤を使います。

    こんなやつ。

     

    CIMG4170.JPG

     

    プラモデルに使う接着剤みたいな使い方をします。

     

    こんな刷毛があって、この刷毛でヌリヌリします。

     

    CIMG4171.JPG

    (液は透明)

     

    この接着剤、くっつくのがメチャメチャ早いんです。

    「あ、ちょっと間違えた!外してやり直そう」

    なんて思っても遅い!

     

    慎重に付けて行きます。

     

    管のジョイント部分にはこんな矢印が書いてあります。

     

    CIMG4172.JPG

     

    これは流れる方向を示しているんです。

     

    管の中は僅かに傾斜していて水が流れ易く

    なる様に作ってあります。

     

    この矢印に気を付けながらつなげて行きます。

     

    昨日も暑い1日でした。

    ちょっと作業していると汗だく。

     

    CIMG4178.JPG

    (左肩の辺りが濡れていますが、全て汗)

     

    熱中症にならない様に塩飴と水分を補給しながら

    作業を進めます。

     

    CIMG4174.JPG

     

    1時間くらいで完成!

     

    CIMG4179.JPG

     

    この排水管ですが、本来は地中に埋め込みます。

     

    何で露出配管にしたのか?分かりませんが、

    今回は、そのおかげで施工が簡単に出来ました。

     

    ・・・もっとも、管が埋め込んであったら

    割れる事はなかったかも?しれませんが・・。

     

    これで誰にも迷惑を掛けずに済みます。

     

    今日から気兼ねなく水が流せます。

     

    ・・・ま、今までも

    気兼ねなく流してたんだけどね。

     

    知らぬが仏。

    | - | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kyouei.holy.jp/trackback/2465