SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
エラい事になっちゃったよ・・・・・
0

    先週末は台風が来て大変でしたね。

     

    皆さんの家は被害に遭わなかったですか?

    もしも、家の事で何か困っていたら

    良かったら声掛けて下さいね。

     

    そんな台風が来ようとしている土曜日の夜の事(午後7時くらい)

    管理しているアパートの一室で事件が起こってしまいました。

     

    何が起こったのか?

     

    起こってしまったのは”火事”です。

     

    原因は多分ですが火の不始末。

     

    火事が起こった時に、住んでみえる方は

    自力で何とかしようとしたらしいのですが、

    何ともならずに消防に連絡したそうです。

     

    ・・・こういう時は自分で頑張らずに

    迷わず119しないとダメです。

     

    7時過ぎくらいから消火作業が始まって

    鎮火したのは3時間後くらい。

     

    消火の時に外に出せる物は一旦外に出したのですが

    台風が近づいて来ているので、

    消火後に外に出した物をまた家の中に戻したんです。

     

    消防士さん・・・ご協力感謝致します。

     

    台風が過ぎ去って一夜明けた部屋の中はこんな・・・。

     

    CIMG9903.JPG

     

    実は僕、火事の現場はこれが2度目なんです。

     

    この状態は”半焼(はんしょう)”と呼ばれている状態。

     

    部屋の形が残っているだけ良い方です。

    (良くはないですが・・・)

     

    火事の時ってものすごい温度になります。

    部屋の中に置かれていたテレビ(今時ブラウン管・・・)

    も水飴の様に溶けてます。

     

    すごい・・・。

     

    CIMG9907.JPG

     

    部屋の天井は消火の時に解体されてこんな風になってました。

     

    CIMG9904.JPG

     

    天井の仕上げ材が真っ黒こげですね。

     

    2階の床に燃え移っていたら最悪の事態になっていたかも?

    しれませんね。

     

    1部屋だけで不幸中の幸いでした。

     

     

    さーて・・・ここからが大変なんです。

     

    保険の手続き、消防所での火災証明、片付け、部屋の修復・・・

    やる事は目白押しです。

     

    CIMG9906.JPG

    (どこから手を付けるか・・・)

     

    事務的な手続きをしていると、多分お盆休み直前くらいに

    なると思います。

     

    そこから片付けとリフォーム・・・

    こういう火事の起こった現場から出た材料は、

    通常よりも割り高の処分費が掛かります。

    (多分、手間が掛かるからだと思います)

     

    それよりも部屋の中を片付ける事が本当に大変なんです。

    片付けている時に手とかを切ったりすると

    破傷風になる事もあるので慎重な作業が要求されます。

     

    うーん・・・考えただけで気が遠くなりそう。

     

    でも、誰かがやらないとね。

     

    その誰かが僕なんだよねー。

     

    予想外の急な仕事で仕事の段取りがメチャクチャです。

    しかも、この仕事は最優先でやらないとダメです。

     

    あ、それと住んでみえる方の新しい住む場所も

    何とかしなければいけません。

    ・・・幸いな事にピンピンしてます。

    良かった。

     

    ここの所、ちょっとだけ仕事が落ち着いたので

    少しだけ休みを取れるかな?

    と、思っていたのは甘かったです。

     

    ・・・ってか、僕はやっぱり休めない運命なのか?

     

    昔テレビのCMで

    「24時間はーたらけますか?♪」

    (今やるとブラック企業ですね)

    なんて歌がありましたが、あんなの大した事ないです。

     

    「365日、はーたらけますか?」

    が今の僕・・・だったりする?

     

    365日・・・働くのー?

     

    毎日が限界にチャレンジだな。

     

    合掌。

    | - | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    いろいろ悩んだけど・・・
    0

      会長が亡くなって約1年と1か月が経過しました。

       

      時々、会長の家・・・つまり僕にとっては実家ですが、

      に出かけては家の空気を入れ替えたり、掃除をしたり

      していたのですが、いろいろと考えて実家を売却する事に

      しました。

       

      本当は僕なり兄弟なりが住めば良いのですが、

      それぞれが完全に独立している上に、

      今の兄弟の生活事情だと実家に住む事が難しいので、

      この1年間考えた結果です。

       

      会長の家は意外と大きいので(敷地が)3つに割って

      それぞれで売却をする予定なのですが

      まずはその第一歩として”測量”という作業をします。

       

      ”測量”って何をやるのか?と言うと、今回の場合は

      自分の敷地と、それに隣接する敷地(つまりお隣)の

      家の境界をハッキリと確認する事です。

       

      土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)と言う方が

      これをやってくれます。

       

      まずは、役所や法務局と呼ばれる所から土地の資料を

      出して、それに基づいて仮の杭を設置します。

       

      ”仮の杭”なので木で作った簡単な物です。

       

      こんな感じ。

       

      CIMG9843.JPG

       

      この杭の場所でOKなのか?と言う事を確認します。

       

      まずはお役所の担当者と立ち合いをします。

      何でお役所出て来るのか?と言うと

      土地と言うのは基本は道路に面しています。

       

      道路の管理者・・・これがお役所なんです。

      だいたい、道路管理課とか土木課・・・みたいな所が

      管轄していて、そこから担当者がやってきて

      杭の確認をします。

       

      CIMG9833.JPG

      (どう?ここで良い?なんてやってます)

       

      今回は、道路と水路に敷地がまたがっているので

      道路と水路の管理者がやって来ました。

       

      お役所の立ち合いが住むと、今度はお隣さんとの立ち合いです。

       

      CIMG9842.JPG

       

      会長は近所の方と普段から声を掛け合っていたせいか

      特に何も言われずに境界の立ち合いは終了しました。

       

      仕事柄、敷地境界の立ち合いを見る事は多いのですが

      自分が立ち会う当事者になる事は滅多に無いので

      貴重な体験です。

       

      実家を売却すると何となく帰る場所を失ってしまう様な

      気持ちになってちょっと寂しいのですが、

      自分には今の家族があるし、今住んでいる所が

      帰る所なので気持ちを切り替えます。

       

      所で、この場所ですが安城市新明町という場所です。

       

      8月後半辺りから売り出す予定でいますので

      もし興味がある方がお見えになりましたら

      共栄建設までご連絡下さい。

       

      まだ完全に決まってない部分もありますが

      詳細をお伝え致します。

       

      限定3区画、早い者勝ち!

      如何ですか?

       

      | - | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ちょっと止めてよー
      0

        お付き合いしている不動産会社さんからの依頼で、

        ある物件を見に行きました。

         

        今は空き家になっています。

         

        この建物は以前は飲食屋さんで、この建物を

        リフォームして住宅に改装しようとしています。

         

        InkedCIMG9871_LI.jpg

        (間口はそれほど広くはありませんが、奥行きが

        非常に長い建物です)

         

        中は飲食屋さんの時のまま残っています。

         

        壁に書かれたメニューが何だか懐かしい感じ。

         

        こういう感じ・・・個人的に好きです。

         

        CIMG9869.JPG

         

        家の中を見て回っていると・・・なんと!

         

        仏壇が残っていました。

         

        (個人的に気になったので写真のアップは止めました)

         

         

        ちょっとー、止めてよー。

         

        聞いた所だと”性抜き”がしてあるので

        このまま片づけても大丈夫との事ですが

        いくら性抜きしてあるとは言え、やはり仏壇を

        片づけるのは気が引けます。

         

        僕はこういう場合は必ず家の方に

        仏壇の始末をお願いしています。

         

        ・・・ってか、仏壇の始末をしな持ち主の方の

        考え方が分かりません。

         

        商売をしている家なら尚更です。

         

         

        あーあ・・・何だか最近、こういうのが多いです。

         

        CIMG9870.JPG

         

        でも、「あーあ・・・」とか言いながら、

        こういう仕事は結構好きだったりします。

         

        どこまで綺麗に収められるか?

         

        完成した所を見た方が

        「まー♪なんと言う事でしょう!」

        なんて言うのを見るのが楽しいんです。

         

        とは言え、この物件・・・かなり困難が予想されます。

         

        それと予算の問題もあります。

         

        そもそも仕事を頂けるのか?も

        まだ分かりません。

         

        もし頂けたら、皆が驚くような仕上がりにしてみたい!

        と思います。

         

        ・・・最初に家の中片づけるの・・・

        やっぱり僕だよね?

         

         

         

        | - | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        暑いのは人だけじゃあないみたい
        0

          昨日の午前中、会社を休みました。

           

          原因は熱中症!

          ・・・と言っても、僕じゃあないです。

           

          じゃあ誰なのか?

          それは我が家でも非常に大切な一員である・・・

           

          CIMG9876.JPG

          (周りがゴチャゴチしててすみません)

           

          冷蔵庫君です!

           

          ここ2週間くらい前から

          「最近、冷凍庫の冷えが悪くなってない?」

          こんな会話をしてから、だんだんと

          冷蔵庫のアイスが融ける・・・

          氷が半分水!・・・

           

          「これはヤバイぞ!」

           

          我が家の冷蔵庫は8年目・・・

          買い替えるしかないのか・・・

           

          念の為、買った時の保証書を見てみると・・・!!

           

          何と!10年保証に入っていましたー!

           

          良かったー♪

           

          8年前の自分に感謝です。

           

          冷蔵庫を購入した家電屋さんからメーカーに連絡をしてもらって

          修理してもらう事となりました。

           

          それが昨日だったんです。

           

          「朝9時半くらいに伺います。

          冷凍庫と野菜庫はそのままで良いですが

          冷蔵の方は中身を出しておいて下さい」

          と言われ、事前に冷蔵庫の中身を

          クーラーボックスに入れ替えます。

           

          CIMG9874.JPG

          (嫁さんはどうしても休めない仕事があるので

          僕がお休みだったんです)

           

          何で冷凍庫と野菜室はそのままなんだ?

          と思っていたら、野菜室は引き出しをそのまま

          大きな保冷バックに入れて管理してくれて、

          冷凍室の物は、解凍される前に直す!

          みたいな感じでした。

           

          これは文句を言っている訳ではありませんが

          冷凍庫の中身は半分解凍されました。

          ・・・ま、元々冷えが悪くなってたからね。

           

          修理ってどうやってやるのか?

          この様子を写真に収めようと思って

          了解を求めたら・・・

           

          「私(修理の方)と修理の様子の写真は一切ご遠慮下さい」

          と、言われました。

           

          てっきり企業秘密か何かなのか?と思ったら

          以前に修理の様子を動画に撮って、それをSNSに流した方が居て、

          それを見た他の人が「あれなら俺にも直せそう」

          と思って、自分で修理しようとして事故に遭った・・・

          なんて事が起こったそうなんです。

           

          そんな奴が居たんだ・・・

           

          そんな訳で修理の様子の写真はありません。

           

          修理の前に担当の方から工程の説明がありました。

          ちゃんと工程表まで出してくれました。

           

          すげー。

           

          CIMG9878.JPG

           

          これによると修理に掛かる時間は

          およそ2時間15分から3時間5分。

          冷蔵庫の状態によって掛かる時間が変わるそうです。

           

          最短と最長では50分の差があります。

           

          さーて問題です。

          我が家は何分掛ったでしょうか?

           

           

          答えは約3時間でした。

           

          ここの所、殺人的な暑さが続いていますが

          冷蔵庫もこの暑さでかなり弱って?います。

           

          所で、冷蔵庫が壊れる兆候として一番多いのが

          「最近さー、冷凍庫の冷えが悪くなってない?」

          だそうです。

           

          この症状を放っておくと、1か月から半年以内に

          壊れる可能性が非常に高いそうです。

           

          ある日突然故障!・・・

          季節によりますがこうなったら最悪です。

          (特に今の季節。そして今の季節が壊れ易い)

           

          このブログを見て「ドキッ!」とした方。

          まずは保証書を確認しましょう。

          保証期間内なら迷わず連絡を。

           

          保証期間が過ぎてたら、このまま様子を見るか?

          思い切るか?究極の選択を。

           

          完全に個人的な意見ですが、

          「冷蔵庫ヤバイ!」と思ったら

          迷わず手を打った方が良いです。

           

          会社を休んで家電屋さんにダッシュして

          「とにかく今日中に何とか運んで下さい!」

          ・・・みたいな事になります。

           

          ・・・経験済み・・・。

           

          あの時はホント大変だったよ。

           

          | - | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          そりゃー暑いよ!
          0

            お客さんから1本の電話がありました。

             

            「2階がとにかく暑いから何とかならない?」

            こんな内容。

             

            このお客さんは4年程前に他のお客さんからの紹介で

            仕事をさせて頂いた方です。

             

            まずは伺って現状を体感してみます。

             

            ・・・確かに暑い!

             

            この家は正直言って古いです。

            その時代は今の様に”断熱”とかに気を使ってない時代だったので、

            多分だけど、使っている断熱材の性能が低い物を使ってるんだろうなー

            ・・・なんて思いながら屋根裏を見てみました。

             

            すると・・・・・!!

             

            CIMG9852.JPG

             

            断熱材が無い!

             

            全く無い!!

             

            見渡す限り無い!!!

             

            誰だよ?こんな施工したのは?

             

            これじゃあ暑くて当然じゃん。

             

             

            以前に仕事をした時は、お風呂とかキッチンとか

            外壁の塗り替えなんかをしたのですが、

            その時は屋根裏には入らなかったので気づきませんでした。

            ・・・ってか、断熱材は入っていて当然!と思ってたので。

             

            さーて、どうするかなあ?

             

            断熱材を入れれば良い話なんだけど、折角なので

            もっと暑くならない手を打ちたいです。

            (お客さんもそれを望んでいます)

             

            そこで、小屋裏換気扇という装置を取り付けて

            更に屋根に遮熱塗装を提案しようか?

            (実は屋根の塗装も相談されたんです。

            以前にリフォームした時は外壁のみで屋根は塗装

            しなかったんです)

            と考えています。

             

            ここまでやれば劇的に屋根裏の温度が下がるはずです。

             

            ちなみに小屋裏換気扇は、屋根裏に取り付けて

            屋根裏の温度が設定温度を超えると作動する仕組みです。

             

            なので冬なんかは作動しない様にしておいて

            屋根裏の温度を上げておいて(部屋が暖かくなるから)

            夏は作動させる・・・なんて事も出来る便利物なんです。

             

            どっちにしても、このままではお客さんが

            干物になってしまうのも遠い出来事ではないかもしれないので

            なるべく早めに見積もりを出して、出来たら

            僕達が快適な空間を作ってあげたいです。

             

            でも・・・屋根裏に入って断熱材を入れる作業は

            かなり辛そうです。

             

            お客さんの前に僕たちが干物になるかも?

             

            | - | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            新しい現場
            0

              今週の初めから新しいリフォームの仕事が

              始まっています。

               

              今回のリフォームは家の中の間取りの一部の

              変更です。

               

              何をどうするのか?を言葉で説明するのが難しいのですが、

              今まで通路だった所を収納にして、収納だった所の一部を

              通路にする!・・・みたいな事をします。

               

              CIMG9807.JPG

               

              基本は大工さんが居れば出来る仕事なのですが、

              電気のスイッチの移動を余儀なくされるので

              電気屋さんが少しだけ仕事をします。

               

              CIMG9806.JPG

              (蒸し風呂状態)

               

              屋根裏に入って配線の一部を変更する電気屋さん。

               

              屋根裏はこの季節だとサウナの様に暑いです。

              熱い・・・の方が正解かな。

               

              屋根裏に入った瞬間から汗が流れ落ちます。

               

              作業中に熱中症になって倒れたら大変なので

              様子を見守ります。

               

              今回は、「温かく見守る」と「暑い!」と言われそうなので

              良い意味で冷たく見守ります。

               

              ・・・冷たく見守っても何も変わらないけどね。

               

              一方、大工さんはこの炎天下での作業。

               

              CIMG9809.JPG

               

              これはこれで非常に大変です。

               

              普段は腰に道具袋をベルトで縛って作業する大工さんですが

              「暑くて腰袋なんかやってられない!」

              と、見た感じは普通の人みたいな恰好で作業してます。

               

              最初に姿を見た時に「誰?あれ」って思ったよ。

               

              ここの所、異常な気温が続いているので、

              作業するのも一苦労です。

               

              CIMG9808.JPG

               

              今回は部屋の中の作業なので、お客さんはエアコンを

              かけてくれたのですが、それでも汗だくになります。

               

              ここの所、異常な気象なので現場の皆には

              「1時間作業をしたら10分休憩!」

              と言っていますが、

              正直これって、出来そうでなかなか出来ないんです。

               

              現場で作業している職人さん達は”キリの良い所”

              と言うのがあって、ある程度の所までは続けて

              作業をしたいんです。

               

              休み所は任せるけど無理はしないでね。

               

              現場に行ってみたら干物が出来上がっていた・・・

              なんて事になったら、焼いて晩御飯にするからね。

               

              聞いたこともない病気になりそう・・・。

               

              | - | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              そんな理由?
              0

                会社に1本の電話が入りました。

                 

                「家の中に鳥が入り込んだので何とかして欲しい」

                と、言うものでした。

                 

                何だか訳が分からんぞ?

                 

                ま、取り合えず見に行ってみました。

                現場は会社のすぐ近く。

                 

                InkedCIMG9850_LI.jpg

                 

                お客さんと挨拶を交わして事情を聞いてみました。

                 

                この家は中古で購入して1階の一部は既にリフォーム

                されていました。

                 

                本当は2階もリフォームしたいのですが

                いろいろ事情があって、2階は手つかずのまま。

                 

                今回鳥が入ったのは2階の和室。

                 

                家の何処かに隙間があって、まずそこからハトが屋根裏に

                入り込んだのですが、和室の押し入れの天井が

                垂れて隙間が出来ていて、屋根裏に入った

                ハトがその隙間から部屋に入り込んだんです。

                 

                CIMG9844.JPG

                (何でこうなったんだ?)

                 

                この家は人が住んでいません。

                お客さんはいろいろ事情があって

                まだ引っ越してない状態なんです。

                (深刻な事情ではありません)

                 

                お客さんは近くに住んでいて時々家の空気を入れ替えに

                来ているのですが、その時に入り込んだハトに

                遭遇したそうです。

                 

                部屋の中はハトの糞とかであっちこっち汚れています。

                 

                CIMG9846.JPG

                 

                ハトは残念ながら絶命していました。

                家から出られなくなったんですね。

                 

                もうちょっと早く知っていれば助けられたんだけどな。

                 

                で、お客さんが言いたかったのは、鳥が入って来ない様に

                何とかして欲しい!と、言うものだったのですが、

                そもそも2階をリフォームしたいので相談に乗って欲しい!

                という話でした。

                 

                所が、お客さんはまだ引っ越す予定は先な上に、

                2階をどうしたいのか?具体的な考えは無いんです。

                 

                「だったら取り合えず応急処置で済ましましょうか?」

                と、提案すると「この状態は気になるので何とかしたい!」

                と、言われます。

                 

                うーん・・・困ったぞい。

                 

                そこで、2階の間仕切りを全て取り払って

                取りあえずは1つの大きな部屋にして、

                後に自由に間仕切れる様にする事で落ち着きました。

                 

                木造の建物だとそんな事は出来ないのですが、

                この建物は鉄骨造なので、そういう事が可能なんです。

                 

                CIMG9848.JPG

                (うーん・・・どこから手を付ける?)

                 

                でも、間仕切りを全て解体するのって、意外と大変なんです。

                 

                でも、ま、今の所、それが一番良い方法だと思われるので

                まずは見積もりを出してみます。

                 

                 

                所で、今回声を掛けて頂いたお客さんは、

                全くの初対面です。

                 

                「共栄建設は何でお知りになったんですか?」

                と、聞いてみたら

                「うん、電話帳を見て一番近かったから!」

                と、すごい返事が返って来ました。

                 

                ”電話帳”・・・まだ使って見える方が居るんだ。

                てっきり死語だと思っていたよ。

                 

                それにしても、そんな理由で連絡したんだ・・・

                このお客さん只者じゃあないな。

                 

                「お仕事何されてるんですか?」

                と、聞いてみたら、やはり只者じゃあない職業でした。

                (職業は明かせませんが、非常に真面目な仕事です)

                 

                「失礼ですが、そういう業者の選び方は危険を伴う事がありますよ」

                と言うと、「いや、分かってます。私も人を見ますから。

                でも生田さんなら大丈そうじゃないですか」

                と、言って頂けてとても嬉しかったです。

                 

                でも・・・生田さんねー・・・本当に大丈夫なのか?

                思わず自問自答。

                 

                いや、もちろんお仕事頂けたら一生懸命やりますよ。

                 

                | - | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                長らくお待たせしちゃいました
                0

                  このブログで15年くらい前に

                  家を建てさせて頂いたお客さんの家の

                  外壁の塗り替えの事を時々書いていましたが

                  ・・・ついに完成しました。

                   

                  今回・・何と1か月半掛かってしまいました。

                   

                  何か問題があったのか?と言うと

                  問題は全然ありませんでした。

                  じゃあ何で?と言うと”雨”なんです。

                   

                  今年の梅雨は本当に雨続きだったので

                  作業が中断してたんです。

                  「だったら梅雨が終わってからやればいいじゃん!」

                  と、言われそうですが、お客さんや職人さんの都合もあって

                  このタイミングだったんです。

                   

                  塗り終わった家は新築みたいです。

                   

                  CIMG9811.JPG

                   

                  家の外装を塗り替える時に使う塗料は最近は

                  いろいろな種類があります。

                   

                  今回はその中でも”フッ素塗料”と言うのを使いました。

                   

                  普通の塗料と何が違うのか?

                  と、言うと塗った時の表面のツヤと手触りが違います。

                  それだけです。

                   

                  CIMG9813.JPG

                  (ツルツルです)

                   

                  ・・・と言うのは嘘で(ツヤとツルツルは本当)

                  耐久性が違うんです。

                   

                  普通の塗料だと塗ってから約10年くらいで

                  塗り替えとなります。

                  (環境によってはそれ以上だたり以下だったりします)

                  これに対してフッ素塗料だと15年持ちます。

                   

                  「たった5年!」と思うかもしれませんが

                  30年先まで考えると、普通の塗料は3回塗り替える事になります。

                  これに対してフッ素塗料は2回で済みます。

                   

                  料金は普通の塗料を3回塗るのとフッ素塗料を2回塗るのとでは

                  フッ素の方が安いんです。

                  それと塗装の時に足場を架けるのですが、

                  これなんか2回と3回では

                  モロに1回分余分に料金が掛かります。

                   

                  そう思うと5年の差は意外と大きいんです。

                   

                  外壁の塗装をすると、例えば雨樋なんかは建物の

                  外壁の色に合わせて塗装出来るので建物との

                  一体感が出ます。

                   

                  CIMG9812.JPG

                  (縦の樋はグレー、横の樋は黒で塗ってあります)

                   

                  最近は遮熱塗料なんてのもあって、これを塗ると

                  熱線を反射して部屋の中の温度が下がる様な

                  塗料も出ています。

                  (対応年数は10年)

                   

                  外壁の塗り替えの見積もりを出すと

                  金額だけで決めてしまう方がみえますが、

                  当然予算の問題もあると思いますが

                  長い目で見ると、金額が安いのが良いとは限りません。

                   

                  耐久性能、遮熱性能・・・自分にとって何に価値を

                  見出せるのか?を考えて、失敗の無いリフォームを

                  して下さい。

                   

                  「どうすれば良いのか?分からない」と、言う方。

                  僕で良かったら、いつでも相談に乗りますよ。

                   

                  あなたにとって何がベストなのか?

                  アドバイスします。

                   

                  ・・・ただね・・・「何色が良い?」と言う相談だけは

                  しない方が良いです。

                   

                  色のセンス・・・全然無いんで。

                   

                  | - | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  これ熱中症なのか?
                  0

                    ここの所、連日猛暑が続いています。

                    皆さん、熱中症にはお気をつけ下さい。

                     

                    数日前の事、仲良くして頂いている不動産屋さんから

                    連絡がありました。

                    「管理を任されている駐車場の草を何とかしたいんだけど

                    誰か草を取ってくれる人を紹介してくれない?」

                    こんな内容。

                     

                    何でも駐車場のお隣の方から言われちゃったみたい。

                     

                    まずは見に行ってみました。

                     

                    CIMG9815.JPG

                    (これは一部分)

                     

                    駐車場はアスファルト舗装がされているので

                    草が生えていると言っても端っこだけです。

                     

                    こういうのは誰が草刈りをしてくれるのか?

                    と言うと造園屋さんです。

                     

                    でも、これだけの量だと造園屋さんを呼ぶと

                    割高な料金になってしまいます。

                     

                    「ま、ちょっとの事だから僕がやるか」

                    ・・・実はこれが後々大変な事になるんです。

                     

                    昨日も朝から暑かったです。

                    こういう日に作業する時は、

                    僕は手ぬぐいを頭に巻いて作業します。

                     

                    頭の日よけと、手ぬぐいが汗を吸ってくれるので

                    顔に汗が垂れて来ないからです。

                     

                    だったら麦わら帽子と言う方法もありますが、

                    あれだとツバの所が何処かに当たったりすると

                    うっとうしいから嫌なんです。

                     

                    CIMG9821.JPG

                    (一丁頑張るぜー!)

                     

                    改めて見ると、草がなかなか大きく育ってます。

                    隣の人が何とかして欲しくなるのも分かります。

                     

                    CIMG9823.JPG

                     

                    作業は手作業。

                    草は釜で切るのですが、成長しすぎて”木”になってるやつは

                    専用のノコギリで切って行きます。

                     

                    CIMG9822.JPG

                    (思ったより大変かも・・・)

                     

                    時々休憩しながら作業します。

                     

                    朝、不動産屋さんの社長が差し入れしてくれた

                    水と塩飴が有りがたかったです。

                    水・・・2リットル飲みました。

                     

                    CIMG9830.JPG

                    (効くぜー)

                     

                    草を刈った所はこんな感じ。

                     

                    CIMG9829.JPG

                    (俺が通った後にはペンペン草1本だって生えてやしないさ)

                     

                    典型的なA型がやるとこうなります!

                    ってな見本みたいな仕上がりでしょ。

                     

                    最初は「ちょとだけじゃん!」と、思っていた草ですが、

                    取ってみるとゴミ袋に6袋と半分もありました。

                     

                    見かけに惑わされてはいけないな。

                     

                    CIMG9831.JPG

                     

                    今回の作業は、朝10時半くらいから午後1時半くらいまでの

                    約3時間の作業でした。

                     

                    これくらいの仕事量は普段からやっているのですが

                    (普段はもっと多いな)

                    この時は、作業が終わって車に乗ろうとした時に

                    何だか目がくらんでフラフラします。

                     

                    「あれ、ちょっとおかしいぞ」

                     

                    作業を終わらせた時に作業着は絞れるくらいに

                    汗でベタベタだったので、一旦家に帰って着替えようと

                    思って家に帰ったのですが(実はここから遠くない)

                    帰る途中で車の中で体の節々が痛くなって来ます。

                     

                    家に帰ってシャワーを浴びて着替えたら

                    体に力が入らなくなって、しばらく休んでいました。

                     

                    これが熱中症ってやつか?

                     

                    ブログの冒頭で「熱中症には気を付けましょう!」

                    なんて言っておいて、自分がなってりゃ世話ないよ。

                     

                    それにしても初めて熱中症を経験しました。

                    (多分、熱中症だと思うけど)

                    今回のは多分軽い方だと思いますが、

                    それでもけっこう辛かったです。

                     

                    今までこれくらいの作業は普通にこなしてたんだけどなー。

                    もう自分で思っているより若くないって事か。

                     

                    いやいや、この日はそもそも体調が

                    今一つ良くなかっただけだよ。

                    (ちょっと下痢気味でした)

                    暑かったしね。

                     

                    まだまだ若いもんには負けん!

                     

                    ・・・って、そう言ってる地点で”年”って事じゃん!

                     

                    あ、ちなみに今日は元気です。

                    | - | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    工事は終盤戦
                    0

                      このブログでお伝えしている

                      業者が夜逃げした家の工事ですが、いろいろな人の

                      助けや努力があって工事は終盤に差し掛かっています。

                       

                      大工さんの工事は終わって、クロス工事も終わりました。

                       

                      今は電気屋さんが最終仕上げの真っ最中。

                       

                      CIMG9769.JPG

                       

                      この家は上の写真を見ると分かりますが

                      天井がありません。

                       

                      屋根の下が部屋!・・・みたいになってます。

                       

                      普通の住宅は天井が貼ってあるので、その天井裏に

                      電気の配線を通す事が出来ますが、この様な天井だと

                      梁なんかの裏を使って電線が極力見えない様に

                      線を持って行くので手間が掛かります。


                      エアコンなんて無いので部屋の中は熱気ムンムンです。

                       

                      CIMG9770.JPG

                       

                      暑い中ご苦労様です。

                       

                      ・・・と思ったら、電気屋さんは何だか涼し気です。

                      よく見るとジャケットがパンパンになってます。

                       

                      太った?

                       

                      CIMG9768.JPG

                       

                      このジャケットは脇の下の方にファンが付いていて

                      ジャケットの外の空気をジャケットの中に送り込んで

                      いるんです。

                       

                      最初は、外の空気って別に冷たい訳じゃあないから

                      そんなに涼しくないでしょ。

                      と思ったのですが、これ着てみると・・・

                      意外と涼しい♪

                       

                      CIMG9767.JPG

                       

                      ファンは電池で動いています(充電式)。

                       

                      CIMG9765.JPG

                       

                      上の写真で8と出ていますが、

                      これは電池の容量を示しています。

                       

                      9がマックスなのでまだ余裕です。

                       

                      ファンの強さは4段階で一番強くすると

                      電池は1日(8時間)持たないそうです。

                       

                      見た所、室内だと”中”くらいで大丈夫そうなので

                      電池は1日持ちますね。

                       

                      これいいなー。

                       

                       

                      でも僕の場合だと、床下に潜ったり、屋根裏に入ったり

                      するので、どこかで引っかけて破りそうです。

                       

                      ここの所、毎日暑い日が続いているので

                      こんな熱中症対策も必要ですね。

                       

                      僕も気をつけます。

                       

                      え?事務所で腹出して寝てる奴は熱中症にならないって?

                       

                      失礼な、腹なんて出してないよ。

                      イビキ出してるだけだよ。

                       

                      めっちゃ寝てるじゃん。

                       

                      | - | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |