SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうえいブログ

愛知県知立市にある共栄建設株式会社のブログです
ちょっと日が短くなったみたい
0

    昨日は8月1日。

    恒例の豊川稲荷の参拝に出掛けて来ました。

     

    朝4時に家を出るのですが、

    出掛ける時に新聞屋さんに会いました。

     

    CIMG4071.JPG

     

    僕「おはようございます」

     

    新聞屋さん「おはようございます、早いですねー

          こんなに早く出勤なんですか?」

     

    僕「いや、今日は特別です。

      新聞屋さんはいつもより遅いですね。」

     

    新聞屋さん「・・・ちょっと寝坊しました」

     

    初めて新聞屋さんの配達の人と会話しました。

     

    僕は月に1回だけ朝が早いですが、

    新聞屋さんは毎日だもんな。

    ご苦労様です。

     

    先月と比べて日の出がちょっと遅くなりました。

    今年の夏至は6月22日だったので、7月1日は

    あまり夏至と変わらない日の出でした。

    たった1か月で結構変わりますね。

     

    いつも通り5時前に豊川稲荷に到着。

     

    いつも通りの到着、いつも通りの常連。

     

    CIMG4073.JPG

    (だいたい12〜13人がみえます)

     

    前回のブログに書きましたが、この常連の

    マナーの悪さも相変わらず。

    (知り合いが居ると、割り込んだりするんです)

     

    正直、話したくないので、

    ”近寄りがたいオーラ”を出してます。

     

    どんなだ?

     

    昨日も暑い1日でしたが、朝は比較的爽やかです。

    この季節だと、こんな早い時間でも

    参拝に来る方が結構います。

     

    CIMG4076.JPG

     

    ここの所、公私共に過密なスケジュールな上に、

    朝も早いので、何だか朝から疲れ気味。

     

    御祈祷が終わった後に、境内で少しマッタリしました。

     

    CIMG4077.JPG

    (今日もハードな1日になりそう・・・)

     

    ボーッとしてたらハトが寄って来ました。

     

    CIMG4079.JPG

    (カラスも居る)

     

    何かくれると思って来たのか?

     

    あいにく何も無いよ。

     

    マッタリついでに豊川稲荷の入り口の周囲を

    回ってみました。

     

    豊川稲荷の門はこんな感じ。

     

    CIMG4081.JPG

    (立派な門構え)

     

    門のすぐ前は参道になっていて、この先に

    名鉄の豊川稲荷駅があります。

     

    CIMG4080.JPG

     

    平日でも人が多い参道ですが、さすがにこの時間は

    誰もいません。

     

    ・・・ってか、この時間から賑わってたら

    それはそれで恐ろしいね。

     

    会長が亡くなって、豊川稲荷の参拝を受け継ぎましたが、

    来始めたのがちょうど2年前の8月。

     

    これで丸2年が経過しました。

     

    いつまで続けられるんだろう?

    会長は亡くなるまで続けましたが、

    果たして僕に出来るのだろうか?

     

    ご祈祷の後に出される精進料理が美味しいから

    死ぬまで続けられそうな気もする。

     

    ・・・何しに行ってるんだ?

     

    | - | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    何でわざわざ難しい言い方するんだ?
    0

      少し前の話になりますが、

      ”土地の決済”と言う作業をやりました。

       

      普通の人は聞きなれない言葉ですね。

       

      土地の決済と言うのは、

      土地を買った人は、

      その土地のお金を地主さんに支払って、

      地主さんは土地を買主に明け渡す事です。

       

      要は土地の売買。

       

      何か難しい言い方するなー・・・。

      と、この仕事をやり始めた時は思いました。

       

      一般的に物を買う時は、その場で代金を支払って、

      その場で品物をもらい受けます。

       

      これは、「これ下さい」

          「分かりました」

      ・・・・・契約。

       

          「代金を支払います」

          「品物を渡します」

      ・・・・・決済。

       

      つまり契約と決済が同時に行われます。

       

      でも、土地はちょっと違っていて、

      まずは契約をします。

      そして、後日に決済をします。

      契約日と決済日が違う日になる。

      (稀に、契約と決済を同時に行う時もあります)

       

      何でなのか?

      土地を買う人はほとんどの人が、

      住宅ローンを組みます。

       

      住宅ローンを借りる時(土地の代金を支払う時)には、

      必ずではありませんが、そこには契約書が要ります。

      「確かに契約しました!」

      と言う証拠を見せて、

      「じゃあ代金をお貸ししましょう!」

      と、なります。

       

      その為に、契約日と決済日が同時ではないんです。

       

      ※住宅ローンを使う時でも、契約と決済を同時に

      やろうと思えば出来なくはないです。

       

      一般的には契約をした後の1週間から1か月後に

      決済をする事が多いです。

       

       

      今回は共栄建設が所有している分譲地を

      お客さんが購入した決済です。

       

      なので、地主は共栄建設という事になります。

       

      決済は借り入れを起こす金融機関で行われます。

      地主(つまり僕)、買い主(お客さん)、

      司法書士(土地の登記をする人)、金融機関の担当者、

      のメンバー。

       

      CIMG3272.JPG

       

      今回は共栄建設(業者)が地主なのですが、

      これが、地主さんが見えて共栄建設が仲介業者だった場合は

      地主、買主、業者、司法書士、金融機関の担当者

      となります。

       

      この中で、一番暇な人が地主(今回は僕)。

       

      地主は土地の代金を受け取って、土地の権利書を

      司法書士さんに渡すだけで終わりなんです。

       

      これに対して、買主(お客さん)は

      司法書士さんからまず説明を受けます。

       

      CIMG3274.JPG

      (そもそも登記とは?なんて事を説明)

       

      その後、書類にサインしたり、印鑑を押したり、

      司法書士さんに手数料を支払ったり・・・と、

      やる事が目白押し。

       

      先程も言いましたが、僕は地主なので気楽なのですが、

      今回の買主は、その後家を建てるお客さんでもあります。

       

      決済って家を買う人は必ず行いますが、

      ほとんどの人が一生に一回こっきりです。

       

      その為、自分たちが今何をやっているのか?

      全然分っていません。

       

      そこで、僕が解説をしつつ、サポートをしつつ、

      お客さんが不安にならない様にします。

       

      ・・・地主だけど”暇”じゃあなかった。

       

      でも気分的には楽でした。

       

      普段業者として決済に臨む時は緊張しますが、

      今回はこの余裕。

       

      CIMG3273.JPG

      (普段の決済の時なんか笑顔なんてないです)

       

      代金の支払いが終わると、司法書士さんは

      法務局という所に出掛けて、土地の名義を

      共栄建設からお客さんの名前に変えます。

       

      そして新しく出来た権利書をお客さんにお渡しして

      全ての作業が完了します。

       

      新しい権利書が出来るまでに

      だいたい4日から1週間くらい掛かります。

       

      所で、土地の取引の時や、住宅ローンを

      借り入れする時に、

      何で?わざわざ難しい言い方するんだ?

       

      契約はまだしも、決済とか、

      借りたお金をお客さんの通帳に入れる事を実行とか言うし

      難しい言い方をして箔を付けようとしてるのか?

       

      「お金振り込んどきましたー♪」

      でいいじゃん。

       

      僕はお客さんに説明する時は、お客さんには失礼ながら

      「相手は小学生!」

      という気持ちで説明する様に心がけています。

       

      ・・・相手は小学生だけど、

      説明する僕が幼稚園並みだから

      余計に分からないか・・・。

      | - | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      大は小を兼ねるか?
      0

        友達から「洗面台交換して!」

        と頼まれました。

         

        今の洗面台が使えない訳ではないのですが、

        使い勝手や大きさなどの問題があって、

        新しい物に交換したいそう。

         

        見積もりを出して、ショールームで

        色決めや形の確認をして着工!

         

        まずは既設の洗面台を取り外します。

         

        この洗面台は廃棄するので、

        取り外す時は気楽です。

         

        「あ!傷つけちゃった・・・」

        なんて事になっても

        「どうせ捨てるからいいや!」

        となるからね。

         

        取り外しは水道屋さんがやります。

         

        CIMG3979.JPG

         

        あっという間に取り外し完了!

         

        CIMG3980.JPG

         

        で、ここで問題が1つ。

         

        今までの洗面台は幅が60僂世燭里紡个靴董

        今度のやつは75僂覆鵑任后

         

        やっぱり大きい方がいろいろ使い易いからね。

        大は小を兼ねるってやつ。

         

        上の写真に、元々あった洗面台の跡が残っていますが、

        これよりも15兮腓くなります。

         

        洗濯機のコンセントの所ギリギリから

        新しい洗面台を持って来ると、反対側の戸の

        枠に少し干渉するんです。

         

        枠は壁面より約9佝瑤喀个靴討い泙后

         

        CIMG3981.JPG

        (この段差が曲者!)

         

        そこで9个糧弔鯏修辰董段差を無くした上で

        洗面台を取り付ければOKなのですが、

        ベニヤ板だと板の淵が見えてしまいます。

         

        それだと美しくないんです。

         

        洗面台が新しくなったのに、横から見ると

        ベニヤ板がちょっと見えてる・・・。

        僕だったら気になります。

         

        そこで、こんな板を用意しました。

         

        CIMG3982.JPG

         

        これは廻り縁(まわりぶち)と言われる材料で、

        天井と壁のぶつかり合った所に取り付ける材料です。

         

        木目のシートで覆われているので、

        淵が見えても気になりません。

         

        「淵が見える・・・って言ったって

        たった9个了なのであまり気にしなくても

        良いじゃん!」

        と、思う方もみえるかもしれませんが、

        美しさに極力拘る僕としては9个任

        淵が見えるの許せないんです。

         

         

        相変わらず人手不足の共栄建設なので、

        ここは僕が施工します。

         

        え?お前で大丈夫かって?

         

        こういう誤魔化しのテクニックは

        誰よりも上手いんです。

         

        普段からやってるから・・・。

         

        普段何やってるんだ?

         

        CIMG3984.JPG

         

        洗面台が来る両サイドに廻り縁を取り付けて、

        ビスを打つ所に下地材を入れました。

         

        これでバッチリ!

         

        CIMG3989.JPG

         

        再び水道屋さんの出番です。

         

        洗面台って上下に分かれてます。

        まずは下の台を取り付け。

         

        CIMG3993.JPG

         

        続いて上のミラーを取り付けます。

         

        今回のミラーは3面鏡。

        それぞれの鏡の裏が収納になっていて、

        仕舞ったの物が見えないので見た目的にも

        スッキリしてます。

         

        CIMG3995.JPG

         

        洗面台が取り付いたら通水テスト。

         

        CIMG3997.JPG

         

        水とお湯を流しつつ、水漏れが無いか?

        排水はスムーズに流れて行くか?

        をチェックします。

         

        特に問題無く終了!

         

        CIMG4004.JPG

         

        洗面台向かって右側の扉の枠にやや干渉していますが、

        枠の材料の厚さギリギリの所で何とか収まったので

        人に出入りに何処かに当たる・・・なんて事は

        ないです。

         

        が、・・・今までより存在感があるので、

        慣れるまでは違和感を感じるかもしれません。

         

        ま、すぐに慣れます。

         

        新しい洗面台は、引き出し式で3面鏡の裏にも

        収納できるので、今までの物と比べたら

        かなり収納力が増えます。

        それと、ボールの高さが今までより高いので、

        背の高いご夫婦にとっては使い易いはずです。

         

        これで腰痛・・・少しは解消できるでしょ?

        僕に感謝したまえ!

         

        ・・・感謝するのはメーカーに・・・か。

        | - | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ついに完成!
        0

          このブログで時々お送りしていた新築の

          住宅が完成を迎えました。

           

          こんな家。

           

          CIMG4006.JPG

          (外構はこれから)

           

          外壁と屋根はガルバリューム鋼板(通称ガルバ)

          と言う素材を使ってあります。

           

          ガルバは通常は縦に貼る事が多いのですが、

          今回は横貼り。

           

          縦にするとシャープな印象に対して

          横に貼るとカワイイ系。

           

          外観は濃い系の色使い。

           

          これに対して中は?と言うと、

          ナチュラルな感じで仕上がっています。

           

          CIMG3897.JPG

          (写真がちょっとピンボケになってしまった)

           

          写真中央付近に写っている壁が黒いですが、

          これは下地材に特殊なシートを貼って、その上に

          黒いクロスが貼ってあります。

           

          シートは磁石が付くので、ここにメモを

          くっつけて使います。

           

          これなかなか便利だと思います。

           

          ベランダはメチャメチャ広い!

           

          CIMG3932.JPG

           

          インナーベランダと言って、建物にベランダが

          埋め込んである感じになっているので、

          雨が降っても干してある洗濯物が濡れる事がありません。

           

          また、水栓が付いているので、

          お子さんが小さいうちは、プールなんかも

          設置できます。

           

          屋根が掛かっているので、奥の方日影になって

          お母さんの日影対策にもなります。

           

           

          この部屋、何の部屋だか分かりますか?

           

          CIMG3927.JPG

           

          実はこれ書斎。

           

          旦那さんから「山小屋みたいにして欲しい!」

          と言われて、こんな感じで仕上げました。

           

          貼ってあるのは本物の木ではなくクロス。

           

          こんなクロスもあるんです。

           

          この家はお客さんの都合でオープンハウスは

          やりませんが、お客さんの許可した方のみ

          見学会をしました。

           

          ご家族で何組か見えたのですが、ある家族の奥さんの

          シャツが、ウオークインクローゼットと被っていて、

          何だか目がチカチカしました。

           

          CIMG3913.JPG

          (狙って来た訳じゃあないよね?)

           

          このご家族は、今、家を建てようと考えてみえて、

          相談に乗ってるんです。

           

          奥さんはインスタなんかから気になる写真を

          何枚かプリントアウトして、

          「こんな事って出来ますか?」

          なんて聞いて来ます。

           

          CIMG3921.JPG

           

          家作りの楽しい一面。

           

          家を考えてみえる方に写真を見せられて、

          「こんな事って出来るんですか?」

          なんてよく聞かれますが、

          素人の考える事はだいたい出来る事が多いです。

           

          かなり昔の話ですが

          「開けーゴマ!

          なんて言ったら扉開く!なんて事って出来ますか?」

          と、聞かれた事がありましたが可能です。

           

          ・・・ただ、予算が掛かります。

          あまり現実的でもないし・・・。

           

          今回建てた家は約10カ月前くらいに相談を受けて、

          図面、各仕様決め、見積もり、ファイナンシャル、契約、

          着工、完成となりました。

           

          「終わってみると「あ!」っという間でしたね」

          と、お客さんが言ってみえましたが、

          これはよく言われます。

           

          一生を過ごす住宅。

          その一生のうちのほんの数カ月・・・

          「あ!」と言う間です。

           

          なのでその「あ!」を焦ったり、急かしたり

          せずに、時間を取りましょう。

          そうすれば必ず”帰りたい家”になるはず。

           

          引き渡しは今月末。

          もうすぐです・・・って明日じゃん。

           

          「あ!」と言う間だな。

           

          | - | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          干物になりそう
          0

            7月27日のブログで上棟をして

            ヘロヘロになった事を書きましたが、

            昨日は昨日で、町内の「納涼夏祭り」が

            ありました。

             

            僕は今、町内会の組長をやっているので、

            係りとして出ないといけません。

             

            なんかここの所、炎天下での仕事が多いです。

             

            そのうち干物になるな。

             

            昨日も仕事だったのですが、午前中で切り上げて、

            お祭りの準備に向かいました。

             

            炎天天下の中での準備。

            何をやっていても汗が噴き出して来ます。

             

            CIMG3957.JPG

             

            そんな暑い中、取り合えずの僕の仕事は、

            焼きそばを焼く為に炭をおこして、

            試験的に焼きそばを作る事。

             

            CIMG3962.JPG

             

            このクソ熱い中で炭起こし・・・本当に干物になるぞ。

             

            これ本当は僕の仕事じゃあなかったんです。

             

            最初は本来の係りの人が炭を起こしていたのですが、

            ハッキリ炭を起こすのが超下手くそだったので、

            見てられなくて代わったんです。

             

            そしたらその流れで僕が焼きそばを作る事に・・・。

             

            墓穴を掘る・・・ってこういう事。

             

            会場ではジュースやビールを販売しています。

            町内の人はビールとジュースをそれぞれ1本

            貰えるのですが(事前に券が配布される)

            足らない人は有料で買うんです。

             

            ・・・が、ビール1本100円・・・安い!

            (発泡酒ではなく本当のビール)

             

            まとめて買っとこうか?

             

            CIMG3965.JPG

             

            祭りの準備が終わると、時間は午後3時頃。

             

            ここで一旦解散して、午後5時に再度集まります。

            (お祭りは6時から)

             

            そして午後6時から祭りの始まり始まりー!

             

            僕の仕事は子供用のおもちゃのつかみ取りの係り。

             

            何かテキ屋のおじさんみたい。

            こっちの方が向いてるのか?

             

            CIMG3969.JPG

             

            つかみ取りは小学生以下の子供に無料で提供します。

             

            来てくれた子供に

            「1回でつかめた分だけあげるよ!」

            と言うと、みんな必死!

             

            見てて笑えます。

             

            CIMG3968.JPG

             

            今回は初めての試みで、バルーンアートの

            ボランティアの人達に来て頂きました。

            (2つ上の写真で僕が首に巻いているのがその作品)

             

            CIMG3971.JPG

             

            これが子供に大うけ。

            大人も見入っていました。

             

            お祭りは、焼きそば、みたらし団子、かき氷、

            フランクフルトなんかの屋台を出したり、

            カラオケ大会、安城北斗という踊りのチームの演武、

            などなどをやって、午後8時くらいに

            最後の抽選会をして終了となります。

             

            お祭りが終わると後片付けなのですが、

            これがかなりしんどい。

             

            終わったら午後10時。

             

            CIMG3976.JPG

             

            家にたどり着くと、玄関の前でグッタリ。

             

            CIMG3977.JPG

            (疲れたー)

             

            家に入ると、何だか体調がおかしい・・・。

             

            どうやら軽い熱中症になったみたい。

            経口補水液を補給してシャワーを浴びて

            クーラーの効いた部屋で休んでしばらくしたら

            楽になって来ました。

             

            ちょっと危なかったな・・・。

             

            水分と塩分を補給しながらやっていたつもりでしたが

            追いつかなかったみたいです。

             

            体重計に乗ったら、水を3リットルくらい

            飲んでいるはずなのに、3キロ近く減っていました。

             

            ダイエットには良いかも?

            ・・・いや良くないよ。

             

            梅雨が明けて、夏本番。

            急に熱くなって体調を崩し易くなっているので、

            皆さんも体調管理には気を付けて下さいね。

             

            今日、朝起きたらちょっと体がダルいです。

            うーん・・・完全に回復してないか?

             

            今日の仕事は?・・・

            げっ!朝1から今日も現場・・・。

             

            今年の夏が終わる頃には

            干物を通り越してスルメになってるかも?

            | - | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            完全燃焼しました
            0

              昨日、上棟をしました。

               

              昨日は上棟には最高の天気!

              ただ・・・気温も最高に暑かったです。

               

              CIMG3860.JPG

               

              上棟の時って、日陰がほとんど無い場合が多いので、

              少しでも熱中症対策の為にテントと・・・

               

              CIMG3861.JPG

               

              工業用の扇風機を用意しました。

               

              CIMG3862.JPG

               

              本当は建物を丸ごとシートなんかで包み込んで、

              その中でエアコンが利かせられれば最高なのですが、

              ま、そういう訳にも行かないよね。

               

              このブログで、何度も書いていますが、

              共栄建設は慢性的な人手不足!

              僕も作業します。

               

              CIMG3874.JPG

              (最近、なかなか落ち着いて仕事が出来ません)

               

              天気予報を見ていたら次の日(つまり今日)に

              台風が接近して来る!との事だったので、

              最後に建物全体をシートで包んで、

              屋根には防水シートを貼りました。

               

              CIMG3884.JPG

              (向こうの空に怪しい雲が・・・)

               

              こうしておけば安心できます。

               

              炎天下の中、1日作業をするとヘトヘトになります。

               

              CIMG3878.JPG

              (グッタリしてます)

               

              時々、水分と塩分を補給しながら作業しますが、

              テントで扇風機の前に座ると立ち上がりたくなくなります。

               

              何とか体裁を損なう事無く、ズーッとここに

              居られないか?なんて考えたたら大工さんが

              「社長!ちょっと手伝って!」

               

              共栄建設の社長は皆からいい様に使われてます。

               

              誰からも社長とは思われてないのか?

              ・・・思われてなかったりして・・。

               

              昨日は、お客さんの旦那さんが午前中のみ、

              奥さんは県外で仕事の研修の為に夜しか来る事が

              出来なかったんです。

               

              「夜遅くなっても大丈夫なので、良かったら

              見に来ますか?」

              と話すと、「是非行きたい!」

              との返事だったので、夜遅くにご夫婦で見学。

               

              CIMG3886.JPG

              (午後10時過ぎ)

               

              「1日でここまで出来るんですね!」

              驚いてみえました。

               

              折角なので、「お清め」をしてもらいました。

               

              CIMG3887.JPG

               

              これは家の四方に、お酒、塩、米をお供えして、

              神様にお礼を述べるんです。

               

              共栄建設では必ず行う行事です。

               

              「そんな時代遅れな・・・」

              なんて事を言う方もみえるかもしれませんが、

              僕は、神様・・・あるいは、それに等しい

              何らかの存在はあると思っているので、

              時代に関係なくやっています。

               

              建物が立ち上がると、

              空間の大きさが把握し易くなるので、

              「テレビはここに置かない?」

              「タンスはやっぱりこっちかなあ?」

              なんて話をされていました。

               

              わくわくしながら話をすお客さんを見ていると、

              「ここまで努力して来て良かった・・・」

              と、思います。

               

              でも、努力するのはまだまだこれから。

              建物の完成は年末を予定していますが、

              それまで気を抜かずに仕事します。

               

              所で、今日のブログ・・・いつもよりアップが

              遅いです。

              (いつもはだいたい午前7時前後)

               

              上棟で全ての気力と体力を使い果たして

              ブログを書く気力がありませんでした。

              ・・で、今書いてる。

               

              CIMG3880.JPG

              (ホントにまいってる)

               

              昔はこれくらい平気だったんだけど、

              ・・・やっぱり年のせい?

               

              いや、飲み過ぎたせい!

               

               

               

               

               

               

              | - | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              スカッと爽やか!
              0

                炭酸水メーカーを買いました。

                 

                あ、会社でではなく個人的に。

                 

                我が家は全員が炭酸水が好きで、

                ある日「炭酸水メーカー買ってみない?」

                と、嫁さんが言い出して、

                「いいねー!買おう!」

                と、全員一致で買ったんです。

                 

                こんな感じ。

                 

                CIMG3844.JPG

                (情熱の赤にしてみました)

                 

                専用のペットボトルがあって、まずはこれに

                水を入れて、冷蔵庫で冷やしておきます。

                 

                ペットボトルは1ℓと500mlの2種類があります。

                これは500ml。

                 

                CIMG3846.JPG

                (割と頑丈に出来てます)

                 

                ペットボトルをこんな感じでセットします。

                 

                CIMG3848.JPG

                 

                そして、ペットボトルがセットされた上の辺りを

                押し下げます。

                 

                すると、勢いよく炭酸がペットボトルに入って行きます。

                 

                CIMG3850.JPG

                (シュワーって音と共に炭酸が噴き出します)

                 

                ちなみに、電源や電池は要りません。

                裏に炭酸のボンベをセットするだけ。

                 

                CIMG3845.JPG

                 

                買ってから発覚したのですが、

                実はこのボンベが意外と高い・・・。

                確か1本2160円くらいしたと思います。

                 

                 

                 

                シュワシュワの炭酸水が出来ました。

                 

                炭酸の強さは自分で調整出来ます。

                微炭酸から強炭酸まで自由自在!

                 

                我が家は全員が強炭酸派。

                 

                CIMG3851.JPG

                 

                このまま炭酸水で飲んでも美味しいのですが、

                こんなシロップも販売しています。

                 

                これはジンジャーエールのもと。

                 

                CIMG3852.JPG

                (他にもコーラとかレモンスカッシュなんかが有りました)

                 

                カルピスを作る要領でシロップをお好みの濃さで

                入れます。

                 

                CIMG3853.JPG

                 

                そして炭酸水を注いで、

                ちょっとかき回したら出来上がり。

                 

                CIMG3854.JPG

                 

                うーん・・・効くぜー!!

                 

                CIMG3859.JPG

                 

                かなり美味しいです。

                 

                ・・・が、強炭酸を作ると、ボンベが結構な勢いで

                無くなります。

                 

                説明書によると、1本のボンベで約60ℓの炭酸水を

                作る事が出来るそうで、「500ml当たり何と!18円」

                なんて書いてあります。

                 

                60ℓを500mlで割ると120。

                ボンベ1本で500mlのペットボトル120本分の

                炭酸水が作れる事になります。

                 

                炭酸ボンベが2160円なので、

                2160円÷120本=18円

                確かに計算上は500mlのペットボトル1本当り

                18円になります。

                 

                ・・・でも、多分それは微炭酸の場合なのではないか?

                と、僕は思っています。

                こういうのって一番効率が良いケースを言う事が

                多いからねー。

                 

                実際に1本のボンベで微炭酸、強炭酸が

                何リットル作れるのか?

                 

                まだ試してないのですが、実は

                スーパーなどで売られているペットボトルの炭酸水を

                買った方がずーっと安上がりなのでは?

                と、正直な所、疑ってます。

                 

                ・・・素直になれない自分・・

                 

                まあ買ってしまったので今更何ともなりませんが、

                1つ良い事は、いつでも家で炭酸水が作れるので、

                「あ!炭酸水買うの忘れた!」

                なんて事が起こらない点です。

                 

                今日から炭酸水生活を満喫します。

                 

                ・・あ!ボンベ買うの忘れた!・・・・・。

                 

                | - | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                心の底から「こいつダメ・・・」と思った瞬間
                0

                  7月9日のブログで、ある大手住宅メーカーの

                  建てた家の雨漏りの事を書きました。

                   

                  どう考えても施工不良で雨が漏って当たり前の

                  施工だと僕は思っていますが、

                  お客さんに「建てた会社に直させたら?」

                  と話して、お客さんが建てた会社に言うと

                  「10年が経過しているから補償対象外!」

                  とあっさり言われたそうです。

                   

                  施工不良も補償対象外にしてしまうとは

                  さすが大手住宅メーカー。

                  ・・・嫌味です。

                   

                  で、今回僕が頭に来たのは、補修の為の施工方法を

                  僕達に指示して来た事。

                   

                  「だったらお前らでやれよ!」

                  って感じです。

                   

                  何、上から目線で物を言ってるんだ?

                   

                  自分たちが”偉い”と勘違いしてる感満載です。

                   

                  「補修は水切り施工でないとダメです」

                  なんて言って来たんですが・・・

                  ・・・それってさー、

                  自ら施工ミスを認めてる!って事じゃん。

                  その上、補修をこっちにやらせる・・・

                  呆れて物を言えないぜ!

                   

                  ま、いいんだけどね、大した技術も無い奴は

                  勝手に吠えてりゃいいんだよ。

                  こっちは完ぺきな仕事をして

                  「どう?あなた達にこんなお仕事できて?」

                  と言ってやるだけだ。

                   

                  今回はかなり乱暴に物を言ってますが、

                  怒り爆発してるのでリミッターが解除されてます。

                   

                  心の底から許せないので

                  普段は「大手住宅メーカー」なんて言っていますが

                  今回は名指ししたいくらいだ。

                   

                  ま、言うのは止めときますが。

                   

                  ブランドで住宅を購入する人って多いです。

                  昔、共栄建設と大手メーカーで競り合う事が

                  あったのですが、お客さんの奥さんから

                  「共栄建設って聞いた事ない!」

                  の一言で外された事があります。

                   

                  別に、共栄建設は誰よりも良い家を作ります!

                  なんて事は思わないけど、

                  ブランドだけで決めていいのか?

                   

                  僕の仲良くお付き合いしおている建築士や工務店は、

                  本当に住む人の事を考えて仕事をしていますが、

                  今回の様な施工をする会社は一生懸命やっている会社に対して

                  失礼だと思います。

                   

                  家ってねー、ただ単にお金を払って

                  買えばいい!ってもんじゃあないと思います。

                   

                  住む人の思い、建てる人の思い、

                  良い意味でドロドロと血の通った家作りの方が

                  良い家が出来ると僕は思います。

                   

                  さて、補修ですが、まずは養生から始めます。

                   

                  CIMG3799.JPG

                   

                  ブルーシートを敷いて、汚さない様にします。

                  こうしておくと、最後の掃除も楽なので、

                  手間は掛かりますが、いろんな意味で便利。

                   

                  養生が終わったら、軒天と言われる部分を

                  全て取り外します。

                   

                  この材料はケイカル板と呼ばれる物で

                  そんなに厚くないので比較的簡単にめくれます。

                   

                  CIMG3800.JPG

                   

                  全て外したらこんな感じ。

                   

                  内部が丸見えなので雨漏りの個所の特定も

                  やり易いです。

                   

                  CIMG3816.JPG

                   

                  見て行くと・・・雨漏り個所発見!

                   

                  CIMG3839.JPG

                   

                  何カ所もあります。

                  しかも、それぞれは離れた個所です。

                   

                  あっちこっちで雨漏りしてるって事です。

                   

                  ・・・ひど過ぎる。

                   

                  CIMG3811.JPG

                   

                  これなんか金物のに雨が伝わって、

                  金物が錆び始めています。

                   

                  このまま放置しておくと、金物が劣化して

                  建物の強度にも影響が出ます。

                   

                  CIMG3840.JPG

                   

                  下の写真の黒いのが防水シート。

                  中程まで雨が入らない!と判断したのか?

                  中心の所には防水シートが貼られていません。

                   

                  ここまでやったなら全部にシート掛けろよ。

                  ・・・ってか、普通は全部貼る!

                   

                  CIMG3836.JPG

                   

                  こんな施工で、共栄建設よりはるかに高い金額で

                  請け負っています。

                  大手だとそれで許されるんですねー。

                   

                   

                  次に板金屋さんと呼ばれる職人さんが、

                  「水切り(みずきり)」と呼ばれる材料を

                  取り付けて行きます。

                   

                  この水切りは既製品として材料がある物ではなくて、

                  建物に合わせて板金屋さんが作って来るんです。

                   

                  完全オーダー品。

                   

                  CIMG3817.JPG

                   

                  その為、ピタッ!と合います。

                   

                  うーん・・・美しい。

                   

                  こうでないとね。

                   

                  CIMG3820.JPG

                   

                  この水切りは何で要るのか?

                  言葉で伝えるのが難しい上に、かなり専門的な話に

                  なるので詳細は割愛しますが、

                  これを付ける事で、漏った水が家の中に入らずに、

                  水切りの先端から排出されます。

                   

                  CIMG3829.JPG

                  (ここから水が出る)

                   

                  最初の施工は、この水切りすら施工されてない。

                   

                  何でか?と言うと、多分ですが見栄えを重視した為?

                  見栄えさえ良ければ雨漏りしてもいいのか?

                  大企業の考える事は零細企業には理解不明。

                   

                  水切りの内部から念の為にコーキングをします。

                  本当は必要が無い作業なのですが、万が一を

                  考えます。

                   

                  CIMG3824.JPG

                  (見えていませんがコーキングしてます。

                  職人さんみたい?)

                   

                  相変わらず人手不足の共栄建設!

                  皆を温かく見守ってる場合じゃないんだよね。

                  僕も作業します。

                   

                  え?お前で大丈夫かって?

                   

                  これでも昔は”コーキング圭ちゃん”と呼ばれるくらい

                  コーキングが上手かったんです。

                  (学生の頃はこのバイトしてた)

                  自分では愛知県で1番コーキングが上手い建築士だと

                  思ってます。

                   

                  ・・・建築士って普通はコーキングなんてやらないか。

                   

                  板金が終わったら、大工さんがケイカル板を

                  復旧して行きます。

                   

                  CIMG3834.JPG

                   

                  ケイカル板は約1m80×90僂虜猯舛任后

                  これを貼りたい個所に合わせて切って貼ります。

                   

                  CIMG3833.JPG

                   

                  ピタッ!とはまると気持ち良いです。

                   

                  ケイカル板が全て貼り終わったら、

                  最後に塗装をして完成です。

                   

                  ケイカル板のままだと表面がすぐに劣化して

                  しまうので(水にも強くない)、表面を塗膜で

                  保護してやるんです。

                  これはペンキ屋さんの仕事。

                   

                  仕事としては大きなものではありませんが、

                  それでも、監督、大工さん、板金屋さん、ペンキ屋さんと

                  沢山の人が携わります。

                   

                  時々テレビで、タレントが1人で

                  何でも作ってしまう番組がありますが、

                  あんなの嘘っぱちだと僕は思ってます。

                   

                  今日昨日始めたタレントが何でも出来てしまうのなら、

                  職人(プロ)なんて要らないじゃん。

                   

                  なんか舐められてるみたいで気分良くないです。

                   

                   

                  CIMG3815.JPG

                   

                  暑くなって来たので外で仕事をすると汗だくです。

                   

                  皆さんもこれからの作業は熱中症にならない様に

                  水分補給や塩分補給をちゃんとしましょうね。

                   

                  今回の補修で雨漏りが完璧に直ったのか?

                  正直に言うと、自信が無いです。

                   

                  元々の施工が施工だったので、

                  怪しい所を全て直すのであれば、外壁を全て

                  やり直さないと完全には直らないと思います。

                   

                  家と言うのは、建てた人がそこで一生を過ごす棲家です。

                   

                  棲家・・・「終期を迎えるまで生活をする住まい」

                   

                  ”建てる方(お客さんね)も”作る方(建築会社)も

                  最善を尽くして建てるべきだと思います。

                   

                  なんか大手の事務的な家の建て方って、

                  建物がどうであれ、そのやり方とか考え方が

                  僕にはどうしても納得できません。

                  (全ての大手がそうではないかも?しれませんが)

                   

                  今度から大手住宅メーカーの建てた建物の

                  何らかの仕事の依頼があっても、お断りしようか?

                  と真剣に考えてます。

                   

                  今回の様な思いまでして仕事をやりたくないです。

                   

                  だいたい何で建てた会社が直さないんだよ?

                  おかしいじゃん。

                   

                  ・・・でも、お客さんから頼まれれば

                  やるんだろうなー。

                   

                  おい!大手!請求書はお前らに送るぞ!

                  ・・・割り増しして。

                   

                  | - | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  注意しつつ作業してます
                  0

                    7月18日のブログ(本当に焦ったよ)で、

                    今にも倒れそうなブロック塀の解体をしていたら、

                    本当にブロック塀が倒れて来た!

                    なんてブログを書きましたが、

                    その後、注意しつつ作業が進んでいます。

                     

                    CIMG3675.JPG

                     

                    地面の上にあるブロックは解体終了しました。

                     

                    ブロックを壊した後に鉄筋が出ていたのですが、

                    こんな状態。

                     

                    CIMG3677.JPG

                     

                    ほとんど”無い”に等しいです。

                     

                    手で簡単に抜けます。

                     

                    ホント大きな地震が来なくて良かった。

                     

                    CIMG3681.JPG

                    (錆びてボロボロ)

                     

                    解体したブロックはトラックに積み込んで

                    処理場に運びます。

                     

                    積み込みは手作業。

                     

                    これだけの量のブロックを手作業で積むのって

                    本当に骨の折れる仕事です。

                     

                    CIMG3678.JPG

                     

                    「雨の中を本当に悪いねー」

                    と、言うと、

                    「全然!大した事ないですよ」

                    なんて返って来ました。

                     

                    気のいい職人さん達に本当に助けられています。

                     

                    地面から下のブロックは重機を使って解体します。

                     

                    ブロックを解体すると、その向こうの土が

                    漏れ出て来るので、解体しつつ重機で土をどかしつつ

                    作業します。

                     

                    重機を操るのは監督の松田君。

                     

                    CIMG3788.JPG

                     

                    前職で重機を長く扱っていたので、

                    運転はお手の物。

                     

                    木を傷つけない様に慎重に作業しますが、

                    重機のショベルが木スレスレを通過する時は

                    見ていてハラハラします。

                    でも松田君は涼しい顔して運転してました。

                     

                    作業が終了した後のトラックの積み込みも

                    手慣れた様子。

                     

                    CIMG3793.JPG

                    (あらよっと!)

                     

                    ブロックの解体と同時に、今度新しく作る塀の基礎を

                    作る為の溝も一緒に掘って行ってくれました。

                     

                    CIMG3796.JPG

                     

                    幅も深さも均一に掘られています。

                     

                    これかなりの技術が要ります。

                    松田君!なかなかやるじゃん!

                     

                    松田君の惚れ惚れする作業や、職人さん達の

                    手際良い作業に感心しつつ、僕は温かく皆を

                    見守ります。

                     

                    ・・・お前何もやってないじゃん。

                     

                    CIMG3682.JPG

                     

                    掘った地面からこんなラムネの便が発掘されました。

                     

                    CIMG3686.JPG

                     

                    おー!懐かしいー!

                     

                    子供の頃はよくお世話になりました。

                    こんな所で再会するとは。

                     

                    今回、重機を使って作業した面積は全体の半分。

                    あとの半分を掘った時に、何が発掘されるのか?

                    楽しみです。

                     

                    大判小判がザックザク!

                    なんて事になったら?

                    お客さん!ご褒美に

                    何か美味しい物でも奢って!

                     

                    ・・・志が狭い!

                     

                    | - | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    今までで1番斬新かもしれない・・・
                    0

                      今、建築中の住宅が完成を迎えました。

                       

                      このブログで時々、工事の模様を書いている

                      家がありますが、(最近のは7月11日のブログ)

                      今回の完成は実は別の家。

                       

                      いろいろあって、建築中のブログはなるべく

                      差し控えました。

                      ・・・別に何かやましい事がある訳では

                      ありません。
                      お客さんの都合です。

                      (上棟の時と、6月25日にアップしただけ)

                       

                      完成した家はこんな感じ。

                       

                       

                      外構も完成しているのですが、

                      僕が出掛けた日は、お客さんの奥さんと、

                      パートの小野君が農作業をしていました。

                       

                       

                      この地域は、緑化推進地区と言って、

                      家を建てる時にある一定の面積に植物を植えないと

                      いけない地域なんです。

                       

                      「そんな所あるの?」

                      と、思われたかもしれませんが、意外とあります。

                       

                       

                      家の中は,使われているクロスがなかなか斬新です。

                       

                      このクロスは奥さんが決めたのですが、

                      奥さんは色彩を活用する仕事をやっているので、

                      普通の人とは色の感覚がちょっと違います。

                      クリエイティブな感じ。

                       

                      僕の顔を見ると、

                      「あ、社長!見て行って!いいでしょうー♪」

                      言ってくれたのでお言葉に甘えて

                      お邪魔しました。

                       

                      LDKはこんな感じ。

                       

                       

                      開放的で気持ち良いです。

                       

                      主寝室はなかなか思い切ったクロスです。

                       

                       

                      写真だと分かりにくいですが近づくとこんな感じ。

                       

                      (家の中まで緑化しなくてもいいんだよ)

                       

                      バラ!

                      漢字で書くのが難しい薔薇。

                       

                      ちょっと派手目な感じですが、

                      「寝たら分かんないじゃん!」

                      との事。

                       

                      ・・・ごもっとも。

                       

                      主寝室なんてたいがいの人が

                      寝に帰るだけなので、思い切ったクロスを貼るのも

                      良いかも?しれませんね。

                       

                      納戸はこんな感じ。

                       

                       

                      これが納戸?

                       

                      自分が住みたいです。

                       

                      一通り見て回って外に出ると、

                      奥さんが持って来た木々が全部植わって、

                      監督の淵田さんが掃除してました。

                       

                       

                      手前の土の部分が半分しか埋まっていませんが、

                      持ってきた花が足りなかったんです。

                       

                      なかなか良い感じで出来上がりました。

                       

                      僕は・・・

                      皆の作業を温かく見守っていました・・・。

                       

                      (ボーッとしてんじゃねー!)

                       

                      「こいつ何しに来たんだ?」

                      パートの小野君の厳しい視線がそう物語っています。

                       

                      いやね、上がやり過ぎると下が育たないからね。

                       

                      え?、上がダメだから下が育つ?

                       

                      ・・・ま、そうとも言う。

                       

                      | - | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |